レオグランデ枚方牧野

資料請求はコチラ

CONCEPT

コンセプト

Noble Life Quality

この街に足を一歩踏み入れるとだれもが、道路の広さ(6.8m)と区画の美しさに
驚かされることでしょう。
整然と並ぶ71区画は全てが120m2(約36坪)以上で
間口も広くバリエーション豊かなプランを描くことができます。
京阪電鉄「牧野」駅からフラットに15分。
2つのスーパーへは徒歩1分。
最寄りの小学校へは徒歩4分。
また、目の前にはバス停もあり、類い稀な立地環境です。
そんな、家族が暮らすにふさわしい場所に高橋開発が自信を持ってお届けする71区画の街
「レオグランデ枚方牧野」がいよいよ誕生します。

Noble Life Quality
Noble Life Quality

Town Concept

安心で楽しいまちの法則。

「レオグランデ枚方牧野」では、71のご家族すべてにとって安心で楽しい街になるためにいろんな工夫を考えています。
道路の作り方から、植栽計画、公園、そして夜の照明設計まで、みんなが永く快適に暮らせるまちづくりの秘密を公開します。

※全体区画イメージイラスト/イメージにつき、実際とは異なります。
 行政の指導等により変更となる場合がございます。

Town Concept
まちの法則タウンライティング
街ぐるみで照明計画。

街灯はもちろん、各区内に門柱灯、玄関灯、庭園灯をはじめ計画的な照明計画をプランしています。また、街が明るくなると防犯性が高まります。

タウンライティング

皆さんで街を明るくして、防犯に強い街にしましょう。

まちの法則街区内公園
街の中に公園を。

街の西側に公園を作りました。小さな子どもたちの遊び場としてはもちろん、お母さんたちが井戸端会議に花を咲かせる場所としても。お住いの方々のコミュニティを育む大切な場所になってくれるはず。

街区内公園

街に公園があれば子ども達にも目が届き安心です。

まちの法則道路プラン
街の中に十字路はありません。

街の中から十字路をなくしました。車と車、人と車がぶつかりそうなポイントを減らすことで事故を未然に防ぎ、見通しがいいので、子どもたちも安心して街の中で遊べます。

道路プラン
まちの法則太陽光発電
5kw相当の太陽光発電パネルが
設置可能。

全ての街区で南向きに対して、ワイドな地形にデザインすることで、殆どの街区で5kw相当の太陽光パネルを設置することが可能です。
※屋根一体型の太陽光パネルの場合

太陽光発電

南向き、9.2mワイドスパンだからこそ
実現できる大容量が魅力です。

まちの法則道路幅
街中の道路幅は6.8m。

街中すべての道路幅を6.8m以上に設定しました。ベビーカーを押したお母さんやご年配の方の通行も安心。それに2台の車がゆとりを持ってすれ違える広さは安全なのはもちろん、駐車の時、自信のない奥様の心にゆとりを生んでくれるはずです。

道路幅

車2台と人が余裕で行きかえます。

House Concept

家づくりの合言葉は「Ma(間)」

「間をとる」「間に合う」。日本人は「間」という言葉を時間と空間、その両方を表す言葉として用います。昔から空間的、時間的なゆとりや余白として「間」を大切にする文化が受け継がれてきました。
その「間」の概念を住まいに落とし込んだ代表格が濡れ縁。室内と庭をつなぐこの空間は、室内とフラットに繋がりながら、それでいて外の空気や日光を感じられる心地よい曖昧空間。日本人はこの曖昧な空間を長く愛してきました。
その空間を現代風に解釈したのが「ロジア」。屋外でありながら、室内と繋がっていて、アイディア次第で自由に使えるこのスペースは現代的な「Ma(間)」を体現した空間です。 住まいの中にしつらえた日常の中で非日常を楽しむ空間。
隔てるのではなく、スペースとスペースをつなぎ、日常と非日常をつなぐ媒介の「Ma(間)」。
そんな「Ma(間)」のある空間が、住まいにゆとりを生み、日々を豊かにしてくれるのです。

「レオグランデ枚方牧野」では、その「Ma(間)」にこだわって、様々な空間をご用意しています。

非日常を演出する間
House Concept
House Concept

Town’s Code

ワンランク上の快適性をお約束するTown’s Code

「レオグランデ枚方牧野」ではすべてのお家にワンランク上の快適さをご提供するためのお約束があります。
例えば、窓の形状を工夫する、また、壁を工夫することでお隣の方と目が合ってしまうというような事がなくなり、お庭でさえプライバシーの確保された快適空間になります。

また、全ての敷地に120m2以上確保し広い駐車スペース、お庭を取ることができます。すると、リビング・ダイニングと、お隣の間にスペースを取ることができ、よりプライバシーや静寂性が確保され快適な暮らしが実現します。

家づくりのルールパッシブエコ住宅
何もせずにエコ!!

遮熱グラッサという太陽熱をはじき返す屋根を採用、何もしなくても屋根裏温度が普通の家と比べ約12度低く抑える事ができます。つまり、クーラーが効きやすいお家になります。また、1階南面の窓の上には約1m弱、庇(ひさし)代わりにバルコニーを出す事で、夏の暑い太陽光を遮断し、冬には温かい太陽光を取り入れるというような工夫がなされています。

パッシブエコ住宅

夏は太陽光を遮り、
冬は太陽光が入る絶妙の庇(ひさし)の角度。

家づくりのルールロジア
ロジアとは「壁で囲まれた中庭」のこと。

ロジアとは、外壁材で箱型に囲んだ半屋外のスペース。外からの視線が気にならないから、「ちょっと家の中ではできないな…」ということが気軽にできるアウトドアリビングです。ロジアを中心に、暮らしに新しい価値を。

ロジア

外からの目を気にすることなくヨガなども楽しめます。

家づくりのルール区画の広さ
全区画120m2以上。2台駐車+お庭。

全区画120m2(約36坪)以上の敷地をご用意しました。これは2台駐車+庭スペースが楽々取れる広さ。また、北向きでもお隣との間にスペースを取ることができるので、明るいお部屋になります。

区画の広さ

+20m2の大切さ。

家づくりのルール開口の広さ
ワイドスパン9.2m以上。

道路に対して土地の開口(幅)が広いということは、明るくいいプランが作りやすいということです。また、間口(幅)の広い土地はそうでない土地よりも大きく立派に見え、同じ大きさでもより資産価値も高くなることが多いです。

開口の広さ

プランの善し悪しは
開口の広さが決めるんです。

家づくりのルール窓の位置・形
お庭やロジアを
もっと快適にする工夫。

お庭やバルコニーに出た時にお隣の方と目が合うと「なんだか気まずい…」なんてことが無いように窓の位置や形を工夫しています。この街はお庭やバルコニーでもプライバシーが守れるのです。

窓の位置・形

光は入るけどプライバシーは守ります。