高橋開発の住まい7つの約束

安心の家 家づくりの基礎

末永く暮らしていただく家と街を創ります。

家は生涯において、もっとも大きな買い物。その出逢いを確かなものとしていただくため、常に新しい発想を求め続けて、高品質な住まいをカタチにしてきました。 生涯にわたって心地よくお住まいいただけるようにこれまでもずっと、これからももっと。家族の暮らしをご提案させていただきます。

創業35年、地元密着デベロッパー

地元という強み

枚方市で創業40年、アットホームな地域密着不動産屋です。京阪北摂エリアを中心に不動産(新築一戸建て・マンション)分譲をしています。賃貸・売買の仲介、管理・リフォーム等、不動産に関することは全て取り扱っております。優れた専門性をもつスタッフにより、一貫体制でつくり上げる確かな実績と信頼が魅力。おかげさまで枚方市の販売シェアは常に上位を占めるようになりました。また、社員の多くは枚方市在住で、枚方市の街のエキスパートです。地元密着不動産業者として絶大なる信頼を頂いております。

創業35年、地元密着デベロッパー

直営施工で安心

住宅の工事は、下請けの協力会社や地域の契約工務店に任せる体制が一般的ですが、高橋開発では社員が工事の全工程にわたり施工協力業者を直接管理する施工方法を採っています。これは事業主である私たちと施工会社の間に他の業者を挟まずに直接やりとりするというもので、 当社の建築品質を管理、維持すると共に、さらにはお客様の希望がちゃんと伝わるというメリットを生み出す方法です。お客様が施工の様子を見ることができるという貴重な場面を設けることで、建ててしまってからではなかなか見ることが出来ない家の構造の部分や、基礎の部分を肉眼で確認することができるため、安心していただけます。

直営施工で安心

豊富な実践と経験

分譲住宅・マンション分譲は、設立から現在に至るまでの供給数は3,700棟を超えました(平成29年6月現在)。その中で、外部パートナーで優れた建築家やインテリアコーディネーターとコラボレート、意見交換から斬新かつ実用的なアイディア、センスを取り入れています。だから、高橋開発はただ見た目が美しい家を建てるということではありません。家の間取りひとつひとつに物語を詰め込んでいます。お住まいになるご家族の生活シーンを徹底的に想像しながら家をつくるということです。良いものを積極的に取り入れる。その知識と経験が、次世代に繋がる豊かな住まいと街を創造いたします。

ページトップへ

住まいはこうして出来る

家づくりの流れ

ページトップへ

熟練のスタッフ

熟練のスタッフ

職人の技と妥協を許さない仕事

寸分違わずこなす仕事に、自分が納得いくまでやる気持ち。
高橋開発の職人は、熟練された技のすべてを家づくりに傾けます。

高橋開発のスタッフは枚方在住が80%

高橋開発の社員の80%は枚方市在住です。枚方市のことならどんなことにもお答えできる街のエキスパートです。聞いてみてください、街のことを。枚方市とともに歩んできた私たちにしかできない街づくり、街に根ざした家づくりがあなたと始まります。

高橋開発独自の施工基準を作っています

職人によって「建て方」は様々です。その様々な「建て方」に一定の基準を 細かく設けています。ビスの留め方や、金物の取付け方など多くの決められた 基準に従い、質の高い施工管理を徹底しております。

高橋開発独自の施工基準

ページトップへ

購入後も安心

高橋開発は地盤まで保証します!!
高橋開発は地盤まで保証します!!

万が一、事業者が倒産した場合でも2000万円まで補修費用の支払いが保険法人から受けられます。 構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分(右図)の瑕疵に対する10年間の瑕疵担保責任を負っています。
※瑕疵担保責任とは・・・契約の目的物に瑕疵(欠陥)があった場合に、これを補修したり、瑕疵によって生じた損害を賠償したりする責任のことを言います。

購入後も安心

木造(従来軸組工法)の戸建住宅の例

住宅瑕疵保険の安心ポイント

躯体と地盤あわせて一体保証します。

【躯体の保証対象】
構造耐力上主要な部分、雨水の侵入を防止する部分
【地盤の保証対象】
一戸建て住宅のお客様の土地

躯体は10年間約2000万円まで保証。

【保証期間】10年間(原則お引渡し日から)
【保険金の限度額】2,000万円
※住宅瑕疵担保履行法で定められた金額です。
※一戸建て住宅でオプション契約を選択した場合は変更となることがあります。

躯体と地盤もあわせて保証いたします

万が一、住宅事業者が倒産した場合は、保険金が支払われます。

保険の対象となる部分に瑕疵(欠陥)が生じた場合に、住宅事業者が倒産していたとしても、お客様には住宅保険機構から直接保険金の支払われます。
【支払われる金額】対象となる補修費用から免責金額10万円を引いた額
※保険金は通常、住宅事業者に支払われます。
※地盤保証に関しましてはこれに準じません。躯体保証に適応されます。

専門検査員(建築士)が現場検査します。

住宅瑕疵保険では設計施工基準を定めています。また、保険に加入される住宅は、この基準に基づき、工事中に専門の検査員による現場検査が行われます。

トラブルにも対応しています。

万が一住宅事業者とトラブルになっても、専門の紛争処理制度(あっせん、調停、仲裁)が利用できます。
【申請手数料】1万円

シロアリ保険
シロアリ保険 シロアリを寄せ付けない

そして最後に「シロアリの保証」です。まずシロアリの繁殖を防ぐため、基礎と土台の間に基礎パッキンを設置して断絶します。 そうするだけで、腐る原因をなくし、シロアリが生息しにくい床下環境をつくります。 また、防湿シートや通気工法でさらにシロアリの蝕害を予防する、良好な換気環境を確保します。 当社ではこのシロアリ保証を当初10年間行っています。

シロアリ保険

ページトップへ

メンテナンス・アフターサービス

メンテナンスがしやすい構造の家です

定期点検。配管を確認しようと思ったら、配管がコンクリート内に埋めこまれている。そんな家には、家を長く大切に住まうという考え方がありません。将来を見すえ、構造耐力上主要な部分、雨水の浸入を防止する部分、給水排水の設備などの点検を簡易にできる構造です。

結露や腐敗の確認も容易に行うことが可能 小屋根裏空間点検口 床下有効高さ330mm以上 床下点検口

維持監理対策基準項目

・コンクリートに配管を埋設しない
・埋設配管の上にコンクリートを設けない
・排水管には掃除口、もしくはトラップを設ける
・点検口を設ける

維持管理性能チェックポイント

1階には必ず床下点検口を設置

1階には必ず床下点検口を設ける。床下収納庫を設ける場合は点検口として兼務できます。

床下のふところの高さは40cm以上

1階床下のふところの高さは、有効で40cm以上確保する。

デットスペース

1階床下には人通口を設け、床下配管にてデッドスペースが生じないようにする。

水廻りを設ける場合は…

1階、2階に水廻りを設ける場合は、できるだけ上下階で同じ位置とし、構造材の欠損が発生しないようにパイプスペースを設け、点検口を取り付ける。

我が家が建つ過程をいつでも見学できます

大切な我が家ができ上がる過程が見られないのは不安なものです。高橋開発では、施工中から引き渡しの間いつでも、ご契約者様に施工の様子をご見学していただけます。ときには我が子の成長を見守る気持ちで、時には工事がきちんとなされているのか厳しい目でご確認ください。また、現状の作業内容に関してもわかりやすくご説明いたします。

基礎 棟上げ 断熱

施工の中身を確認出来ます

監査時の写真はクラウドサーバーで管理・保管されるため、お客さまはいつでもどこでも建築中も完成後でもチェックすることが出来ます。また、どこを見れば良いのか、専門家でなくても分かるように鮮明な画像とコメントを添えて分かりやすく解説。理解しながら施工状況を確認いただけます。

品質を証明するものとして、ずっと残ります

大切な財産をいつまでも記録に残すため、責任を持って建てた証として、お客様に「現場監査記録書」をお渡ししています。また、計10回に及ぶ各工程監査を、担当の現場監査士が、責任を持って監査した証として「施工品質監査済証」を発行いたします。

現場監査記録書

さまざまな項目にアフターサービス

高橋開発では、ご入居頂いてからも安心して快適に暮らしていただく為、多岐に渡る当社独自のアフターサービス基準を設けています。このアフターサービス基準では当社が取り組んでいる長期優良住宅仕様における劣化対策・維持管理対策を万全としたものとする為、構造躯体や、それ以外の設備や仕上げなどに関しても保証期間を定めています。 また、お引き渡し後も安心して頂くために専用の相談窓口をご用意しております。お気軽にご相談下さい。

長期保証と短期保証

専任のアフターメンテナンススタッフ

万が一の対応も迅速に。入居後のメンテナンスの対応も万全。弊社常駐のアフターメンテナンスは専任スタッフがすぐさま対応いたします。いつまでも、ずっと、ご家族の快適な暮らしを守り続けます。また、これらの工事に関する情報は、データ化して今後の品質向上にも役立てています。

アフター情報をクラウドで元管理

お客様の設計図書等はお引渡し以降、長期保存しております。点検、修繕、改修が行われるたびに履歴情報を蓄積します。お住まいの図面等の建築資料も大切に保存・管理しておりますので、アフターサービス時や万が一のトラブル時でもお客様の住宅情報をすぐさま把握することができます。

こんな情報を管理しています

高橋開発のアフターメンテナンス履歴情報管理システム

ページトップへ

30年サイクルで立て替える もったいない日本

日本の住宅の寿命は約30年。これは、欧米に比べ、かなり低い水準にあります。
ヨーロッパの街並みや生活をみて「ステキ!」と感じたことはありませんか?
日本とヨーロッパの生活の違いを生んでいる原因のひとつが住宅にある」という意見があります。ヨーロッパでは、おじいさんの世代が住宅を新たに建設し、それが100年、200年先にも残っていれば、次の世代、さらに次の世代が莫大なコストをかけて住宅を建設することはありません。「いいものをつくって、きちんと手入をして、長く大切に使う」というストック型社会が根づいているのです。
住まいに関するコストが減れば、経済的な余裕も生まれます。その余裕を使って生活を変えていければ、日本でもヨーロッパのような豊かなライフスタイルを確立できるかもしれません。良いものをつくり、長く大切に使う。それがこれからの住まいづくりにおける賢い選択なのではないでしょうか。
「つくっては壊す」という従来のフロー消費型の社会から「良いものを長く大切に使う」というストック型社会へ。
歴史が作り出す、情緒あふれる街並み、数世代にわたって快適に暮らせる家づくり、そして心豊かなライフスタイルをお届けしています。

アフターサービス(修理)に関するご相談・ご依頼は TEL:01120-309-809

パンフレット・資料請求はこちら