ミエルクオリティ

きちんとつくる、その過程がきちんと見える。
だからずっと安心な住まい。

家づくりのすべてをオープンに見せることで、お客様にひとつ上の安心感を与える。
それが「ミエルクオリティ」です。
家づくりで最も大切なのは、しっかりとつくられていること。
高橋開発では、施工工程をマニュアル化し、
お客様が工事内容を「見える」状態にしました。
そうすることで、職人の腕や施工品質による差をなくし、
高い次元で品質を標準化しています。

施工工程が「見える」施工工程が「見える」

家づくりは、いくら設計を正確に行っても、職人の手で施工するため、品質にばらつきが出やすくなってしまいます。
大切な住まいづくりで残念な思いをしないためにも、高橋開発では施工を「見える」化した品質管理を行うことで
お客様にひとつ上の安心感をお届けしています。

高橋開発独自の「基準」をマニュアル化した「見える施工」

建築基準法をはるかに超える厳しい独自基準を設けている建築会社は全体の1%以下と非常に少ないのが現状です。しかし、高橋開発では一定以上の高品質な家づくりを行うために、建築基準法をはるかに超える厳しい「施工基準」および「施工マニュアル」を設けています。現場監督や職人らの施工における指針をマニュアル化することで、高い住宅品質を保つと同時に、お客様へ安心感を与えられるようになりました。もちろん、マニュアルはすべてご覧いただけます。

マニュアル化で高品質マニュアル化で高品質

品質のばらつきの主な原因は、職人たちの経験と判断の差によるもの。
そこで、高橋開発ではそれぞれの工程をマニュアル化し、現場での独断的な判断場面を極力減らして
品質のばらつきが生じる状況を最小限に抑えています。
マニュアル化することでどの家づくりでも一定以上の品質を保てるのが高橋開発の家づくりになります。

現場での判断領域は約41%もある

通常の施工方法だと、現場監督や職人たちに判断をゆだねている部分が約41%もあります。それだけ施工に人的ムラが生じ、施工品質に差が出る原因となっているのです。そんな問題を解決するために、高橋開発では図解を中心とした「施工マニュアル」を用意し、スタッフ全員へ共有することで一定以上の品質を保っています。

リアルタイムで状況を確認リアルタイムで状況を確認

より安心していただけるよう、高橋開発では通常の建築基準法に基づくチェック項目だけではなく
独自のチェック項目と回数を設けています。
第三者機関による、こまめな施工状況のチェックを繰り返すことで
必然と品質向上にもつながっています。

信頼できる第三者機関によるチェック

常に一定以上の品質を保つために、高橋開発では信頼できる第三者機関に施工状況のチェックを依頼しています。基礎づくりから外装および仕上げにいたるまで、検査項目320項目※、計10回にわたる重層的なチェックにより、確かな施工品質を確保。そしてチェックした結果は随時クラウドへアップロードしているのでリアルタイムでご確認いただけます。

※検査項目数は施行基準の改訂・法改正等に合わせて変動する場合がございます。

完成後も確認できる完成後も確認できる

家づくりが完了してしまうと、その後は構造を確認できなくなってしまいます。
突然トラブルが起きた時や将来リフォームを行う時に
現在の構造を再確認できる状態にしておくことで、資産を守ることにつながります。

いつでもご自宅から確認できる

監査時の写真や、施工中のチェック結果などはすべてクラウド上に保存されるので、施工中はもちろん、完成後もホームページ上からご確認いただけます。専門家でなくてもわかるよう、解説付きの写真で施工時のポイントなどを更新しています。施工後も現場監査記録書や施工品質監査済証は残り続けるため、将来のメンテナンスや資産価値も高められます。

見える住まいづくりで
確かな安心感を。